スペイン 美食の街 サンセバスチャンの料理学校 Luis Irizar

留学/ワーホリ/移住

スペインの美食の街 サンセバスチャンには、「Luis Irizar」ルイス イリサールと言う
有名な料理学校があります。
これからもし日本で調理師学校に行こうと考えている方がおられるなら、
いっそのこと最初から海外の料理学校に入学するのも一つの手段ではないかと思います。スペイン語も同時に身に着くでしょうし一石二鳥ですね。

いきなり外国の料理学校に行くと言っても、少し抵抗ありますよね。
どんな所かわからないし、授業内容もわからないと思いますので私自身は、行っていないのですが私の友人が2010年~2012年に在学していたので
体験談も交えてどんな所か記事にしたいと思います。

料理学校 Luis Irizar


1992年にこの学校は、後の世代に料理技術を広く伝えるために開校しました。
学校は、サンセバスチャンの旧市街のコンチャ海岸が見える西側に位置します。

プログラム

1年目
学費:6700€/11ヶ月間

  • 料理技術
  • 製菓の基本
  • 衛生学
  • 実習

レストラン研修カリキュラムは一年目は月曜から金曜日まで10時又は11時〜15時までレストランで研修して、16時〜20時まで料理学校で勉強


2年目
5000€/9ヶ月間

  • 料理技術インターナショナル料理
  • 栄養学
  • レストラン研修
  • ワインの基礎
  • 実習

2年目は10時〜14時まで料理学校で勉強して、
19:00〜23時までレストランで研修

ちなみに一年目が終わった時に2年目を継続させるのか、
それとも学校を辞めるのか選択できるそうです。

学費や内容は、おそらくそんなに変わってない
と思いますが念のため確認してみてください。
Escuela de cocina Luis Irizar

入学に関しては志望動機の作文(スペイン語)と面接試験が必要
なのですが、海外に住んでいる人に関しては、志望動機の作文提出とメールや電話でのやりとりで、学校側がその人を入学させるかどうかを判断する感じだそうです。私の友人の場合は日本に住んでいたので、メールで学校側とやりとりして、作文とかの必要書類を提出して学校側から入学オーケーの返事をもらったそうです。
そのあと、学校側からもらった入学証明書を元に日本のスペイン大使館でビザを申請
ちなみに毎年スペイン語圏以外の外国人が数人入学していますがスペインの料理学校なので、スペイン語の授業は無し入学する前に予めスペイン語の中級位のレベルは求められる可能性は、あります。
一学年28人で彼の時の学年はスペイン語圏以外の国だとアメリカ人2人、カナダ人1人、そして日本人1人で、アメリカ人の2人はスペイン語を既に問題無く話せていたから
授業の時は苦労はしていなかったそうですが、カナダ人と彼はスペイン語初級位のレベルだったので、特に一年目は苦労したそうです。彼の場合は昔、中南米を一年間旅行した時にスペイン語を習ったという位のレベルだったので、一年間スペインの語学学校でしっかりスペイン語を勉強してから料理学校に入学した方が良かったかなと言う意見でした。

卒業時には、
調理師免許や衛生学修了証など
勉強してきた証明書がもらえます

 

研修 体験談


研修先は3ヶ月毎にくじ引きどこのレストランで働くかが決まる感じ。
自分の希望している所で働ける事もあれば、そうでない場合もある。

学校の提携先レストランは、バスク伝統料理レストランから、Fuego negro とかのフュージョン系Zuberoa, Arzak, Akelarre ,Alameda とかのミシュラン系まで幅広くある感じです。

私の友人の場合はミシュラン系だとAkelarre 、Arzak、伝統料理だと、
Urepel(現在このお店は、ありません)や他のレストランで研修していました。

サンセバスチャンはどこのレストランも研修生を歓迎してくれる感じだから、研修して料理を学びたい料理人にとっては働きたいやすい場所ですね。

こんな感じで飲食業が成り立っているグルメの街は、
おそらくサンセバスチャン以外無いんじゃないでしょうか。。
ただ、スペイン国内でもレストランが研修生という名の元に
料理人をタダ働きさせているという批判もあるにはあるそうですけど。。

卒業後

それから彼は、料理学校の卒業間近に学校の紹介でLugo(ガリシア州)
のレストランで研修する事になって。Lugoの研修先を選んだのは
サンセバスチャン以外の土地に興味があったのと、
その研修先は住む部屋を提供してくれるというので、そこに決めたそうです。
そこのレストランで3ヶ月働いて、サンセバスチャンの料理学校卒業後もガリシアに居続ける事を決めた。その後労働ビザの取得の為に色々大変だったそうです。
Vigo (ガリシア州)のケータリングサービスの事業を営んでいた彼の友達の助けがあって、無事に労働ビザを取得し、そこで働く事に。
その後、友達がケータリングの会社を閉めたので、
Vigo で仕事を探す。

料理学校 卒業後の友人の経歴

San Sebastian (2年)
Lugo (3ヶ月)
Vigo (8ヶ月)
A Coruña (9ヶ月)
Salamanca(5ヶ月)
Merida(10ヶ月)
Tenerife(7ヶ月)
Malaga(4ヶ月)
Barcelona (5ヶ月)
Mallorca (6ヶ月)
Valencia (2020現在求職中)

彼のスペインでの仕事探し、仕事をするモチベーションは、
スペイン国内の各地域の伝統料理を学びながら働くという事。
その為、自分の働き方は基本的に数ヵ月レストランで働きながら
そのレストランのメニュー、その土地の風土料理を学んだら
レストランを辞めて、そこからまた知らない地方に引っ越して、そこでまた、
そこの地方の伝統料理を学ぶ為に仕事を探す

仕事の探し方は、過去記事があるのでよかったら
コチラ⇒スペイン料理レストランで働く方法

労働ビザ取得

A CORUÑA

おそらく約2年もスペインに住むと多くの人がそのまま
労働ビザを取得したいと思いますがこれが結構大変なのですが、
彼の例を参考にしていただければと思います。

スペイン国内で日本に帰国せず学生ビザから労働ビザに切り替えるには、
学生ビザで3年間スペインに滞在しなければなりません。
彼の場合は、2年の学生ビザで卒業しているので、後1年分足りません。
そこで彼は、ガリシア州のア コルーニャと言う街のEOI(Escuela Oficial de Idioma)語学学校に行きました。

EOIの授業料は、安いですよ。
VIGOの街で1科目 1年間120€!!

この語学学校に入学し残りの1年分の学生ビザを発行してもらい3年間
滞在できました。ただ、学生ビザを発行してもらうには、確か週に20時間の授業に参加しなければいけません。EOIには、スペイン語だけで20時間は、おそらく無いはずですので、違う科目(例えば英語など、彼の場合ガリシア語を選択)も並行して20時間にしました。

3年経った後に労働ビザに切り替え変更が可能なのですが、
多くのレストランは、そこまでしてくれません。
なぜならば、費用と手間がかかるからです。
なので知り合いや友人、日本人好きなレストラン等を探して直接交渉しましょう。
学生でいる間に少しづつコネクションを作って行くと良いです。

スペイン語勉強必須ツール


文法から学べるスペイン語 [ 井戸光子 ]


【新品】CASIO【電子辞書】XD-SR7500 カシオ計算機 EX-word(エクスワード) 5.7型カラータッチパネル スペイン・ポルトガル語コンテンツ収録モデル XDSR7500【smtb-MS】

日本にいる時に可能な限り勉強しておきましょう。
私も休みの日や休憩時間に、いつも勉強していました。

先に語学学校から始めたい方は、コチラで相談できます→School With




 

 

コメント

  1. […] 余談ですが私がマヨルカ島を訪れた理由は、10年前にサンセバスチャンのレストランで一緒に研修していた友人を訪ねるためです。この友人と言うのが以前の記事でも登場した料理人です。 あの時から彼はずっとスペイン各地を周り郷土料理を勉強し続けていたのです。 そして彼につきっきりで、マヨルカ島を案内して頂きました。 […]

タイトルとURLをコピーしました