スペインで列車事故に(体験談)

コラム

2020年6月2日

僕はスペインのガリシア州に住んでいましたが、コロナの影響でマドリードに引っ越しすることになりました。

搭乗前日に電車のチケットを購入し、当日ガリシアからマドリードの電車に乗ろうとして気付いたことが。

チケットの日付けが間違ってる!!!!

確認しなかった自分が悪いのですが、チケット販売員に腹が立つ。

キャンセルができないので、仕方なく新しい当日チケットを買ってなんとか乗車。(今思うと、間違ってて乗れない方が良かったのかもしれない)

事故発生

 

乗車してから4時間ぐらい経った時に突然車両に衝撃が!!!(そんなに大きな衝撃ではなかったです。)

すると振動が激しくなり、外は砂埃。車両の窓にもひびが入り、「事故だ!」とすぐに分かりましたが、どうすることもできない。ただただ、ふんばるだけ。

「このまま死んでしまうのか」とも思いながら、しばらくすると停車しました。

何が起きたのか分からず、乗客の数人はパニック状態でしたが、ほとんどの人は落ち着いていました。

とりあえず、乗客は荷物を持って外へ出ますが、荷物置き場のスーツケースは散乱していました。

 

外へ出ると何やら、電車の先頭車両が転がっています。この時は何が起こったのか全く分かりません。

「なんでここに電車の先頭車両が転がっているんだ?」
「この車両にぶつかったのか?」

と思っていましたが、

なんと、この先頭車両は自分達が乗っていた列車の先頭車両!!

中には、運転手が残っている模様。

2020年6月3日スペイン列車事故

奥に見える高架から車が落下したのかな?

たまたま、乗車していた警察官も先頭車両の様子を見て、「誰かドクターはいませんか?」と他の乗客にも呼びかけ、一人乗り合わせていたドクターも駆けつけていました。

2020年6月3日スペイン列車事故

 

すぐに応援の警察、市民警察、救急隊が来て、乗客は事故現場が見えない所へ移動させられ、携帯で撮影も禁止されました。

すぐに救急のヘリコプターも到着し、砂埃を上げながら近くに着陸しました。

避難させられた乗客には水が配られて、炎天下だったので日陰に移動してくださいと言われ、ソーシャルディスタンスを保ちながら待っていました。

しばらくするとバスが迎えに来て、近くのZAMORAという駅に移動し、臨時の列車でマドリードに向かうことができました。

現場の周辺の景色

事故のニュース

後ほど友人から送られてきたニュースを見ると、

89歳のおじいちゃんが運転していた車が高架上の道路から線路上に落ちて、その車に列車が衝突したそうです。(電車の速度は時速約120km)

研修期間中の技術者(32歳)、車を運転していたおじいちゃん(89歳)がなくなりました。

乗客約160人は全員無事で数人だけ軽傷を負ったそうです。

本当に心から思う。

「生きててよかった」と。

事故に合ったら

こっちは日本人一人でしたが、万が一スペインで事故に合ったら、誰でもいいから声をかけて情報を収集してください。

みんな優しく接してくれます。

その後

余談ですが、スペインのラジオ局から連絡がきて、インタビューを受けることになりました。

SNSにも拡散していると、日本でも画像や動画の素材を報道機関に提供させてもらえませんかと連絡がありました。(報酬はありません笑)

電車のチケットは後日払い戻しができるそうですが、僕は昨日買ったチケット代があるので。。。

これで僕が経験したスペインでの電車トラブルは2回目です。

  • 1回目⇒長距離列車に乗車中、列車の一部が故障して5時間車両に閉じ込められる。
  • 2回目⇒今回

 

コメント

  1. […] 先日は乗っていた列車が事故をして大変でしたが、無事です。今月からしばらくマドリードで新生活です。 […]

タイトルとURLをコピーしました